境界境界コラム境界お問い合わせ境界リンク
大きくする小さくする
読書会のご予約
TOP > コラム
コラム

【第137回】 「シルバーバーチの霊訓」はなぜ凄い - 25

今回も愛についてお話しますが、愛を学んだ中で一番衝撃的だったのは、本能的愛の利己愛は努力なしに発揮できるのに、霊的愛の利他愛は奮闘努力なくしては発揮できないことを知ったことです。

だから価値があり、利他愛を発揮すればするほど神へ近づけるのです。最高の愛は、存在するもの全てを愛する“神の愛”であり、これこそが“愛の極致”なのです。

その神と同じ愛で私達が全てのものを愛するには、これからどれほどの年月と努力が必要か分かりませんが、神は永遠の進化の法則をつくられ、私達には永遠の生命と時間を与えてくださっています。
ですから、いつかきっと出来るようになる!と信じ、これからも精いっぱい利他愛発現に励んでいきたいと思います。

そこで今回から数回に分けて、愛に関するシルバーバーチの言葉を抜粋します。
愛というものは往々にして利己主義に発することが多いものです。
(霊訓1/96ページ )
愛は厳然として存在します。宇宙における最大の力です。大自然の法則を機能させる原動力です。愛あればこそ全大宇宙が存在するのです。
宇宙がその宿命を成就し、全存在がそれぞれの宿命を成就していく背後にはこの愛の力が存在します。
生命活動の原動力であり、霊の世界と物質の世界の間に横たわる障害物を克服していくのも愛の力です。
(霊訓1/140ページ )
あなた方を包む愛によって存分に慰められ、支えられ、励まされるがよろしい。その愛の豊かさはとても私には表現し尽くせません。
(中略)
あなた方の心臓の鼓動よりもなお身近にあるその愛の深さは、とうてい人間の言葉では表現できません。
(霊訓1/147ページ )
愛は無限なる霊の表現ですから、低い次元のものから高い次元のものまで、無限の形をとります。
(霊訓1/150ページ )
愛は血縁に勝ります。愛は死を乗り越えます。愛は永遠不易のエネルギーです。
(霊訓1/151ページ )
愛とは魂の内奥でうごめく霊性の一部で、創造主たる神とのつながりを悟った時におのずから湧き出てくる魂の欲求です。
最高の愛には一かけらの利己性もありません。すなわち、その欲求を満たそうとする活動に何一つ自分のためという要素がありません。
それが最高の人間的な愛です。
(霊訓3/200ページ )
一ばん大切なことは、身も心も愛のひとつになり切ることです。そうすれば愛の念に満たされたスピリット以外は近づきません。
(霊訓4/170ページ )
愛という霊的な力によって、動物の魂に自我意識を芽生えさせることが出来るのです。
(中略)
愛が生命のすべてのカギです。
(中略)
愛こそは宇宙の原動力です。
(中略)
愛があればこそ生命は進化するのです。
(霊訓5/90ページ )
愛の心をお二人が出すたびに神さまの心が発揮され、宇宙の創造の仕事が続けられるのを助けることになるのです。
(霊訓5/167ページ )
愛と情は霊の世界では人間の想像をはるかに越えた実在です。
(霊訓6/156ページ )
私にとっては愛こそが生活であり…
(霊訓7/21ページ)
霊力(愛)の働きかけがあるかぎり、人類は着実に進歩するものであることを忘れないでください。
(霊訓7/38ページ )
それ(愛)は、まさに生命の息吹きでありエッセンスなのです。
(霊訓7/85ページ )
(次回に続きます)

2014年07月14日