地上人生中に死後の世界を確信できることは、最高の幸せです!!

author:K.I2019/02/01 Friday

地上人生中に死後の世界を知ることは、どんなことを知るよりも幸せだと私は最近とみに思います。今回はそれについてお話いたします。

シルバーバーチは「間違った宗教教義によって教え込まれた死後の世界の概念は、他界後に大きな弊害をもたらす」と述べていますが、それは「死ねば全てが終わる(死後の世界がない)と思っている人も同じである」と言っています。

「死んだことが信じられない霊の場合も同じです。信じることを拒んでいる限り、私たちも為すすべがありません。もう死んで霊の世界に来ているという事実を信じさせることがどんなに難しいか皆さんには理解できないでしょう。
ずいぶん前の話ですが、クリスタデルフィアン(1950年代に米国で生まれたキリスト教の一派)だという霊と長々と話し合ったことがあります。
私はなんとかして、その人がすでに死んでいる事実を納得させようとしたのですが、“こうして生きているのに、なぜ私が死んでいるんですか”と言い返して、どうしても信じてくれませんでした」
(不滅の真理/70)



霊界では死んだことを信じさせるのが難しいのと同様、地上界では「死後も生き続ける」ことを信じてもらうのは並大抵ではありません。
それでも「伝えたい!」と思うのは、死後に素晴らしい世界があることを知れば、地上人生がどれほど辛くても希望を持って生きられるからです。



ところで今の地上界は誰もが感じているように、不平等、不公平、不公正、理不尽、不条理がまかり通っていて、人々の心は“やり場のない思い”でいっぱいになっています。そうした不満だらけの世界に平和が訪れるわけがなく、かといて直ぐに改善されるはずもありません・・・

しかし死後の世界があることを知れば、直ぐにとは行かずとも少しずつ改善されていくのです。
それは人々の心(意識)が変わるからです。物的・肉的なものから霊中心へと変化すると同時に、自分の中にも不平等、不公平、不公正、理不尽、不条理な思いがあることに気づき、それを払拭したい!と切望するようになるからです。

今の地上界が不平等、不公平、不公正、理不尽、不条理なのは、人間の心にそれがあるからで、もしこの世に平等、公平、公正、正当、条理を求めるならば、その前に自分の心からそれらを払拭しなければならないのです。一人一人の心の反映がこの世なのです。

つまり平等で公平、公正で正当、条理に適う世界の実現は、人間に懸かっているということですが、そのために必要のは、地上界は一時的逗留の場であり、死後に赴く世界が人間本来の生きる場であり、その世界には不平等も不公平も、不公正も理不尽も不条理もないことを知ることです。

さらに地上界で価値があるとされる地位や名声、経済力や学歴などは地上界限りであり霊界では通用しないこと、地上人が大きく捉える肌の色、国家、民族の違いは霊界にはないことを知ることです。


それにより地上界の生き方が変わります。
最も為すべきは無私の行為であること、それだけが死後の世界に持っていける唯一の所有物であり、それ以外は大して重要でないと悟れるのです。
また、霊界では大統領であろうと一介の庶民であろうと、無私の行為の多寡で平等公平に裁かれ扱われることが分かり、たとえ地上界で悔し涙を流しても、それは地上限りのことと達観し、地上界の不平等、不公平を小さなことと思えます。

さらに、神の愛は全人類に平等、公平に注がれていることを知り、たとえ地上界の誰からも愛されなくても、守護霊を介して神の愛が注がれていることを実感し、孤独から解放されて心に平安が訪れます。


つまり、死後の世界について知ることは、“死の恐怖”から解放されるだけではないということです

地上界では実現が困難な平等、公平も、死後の世界では実現していることを知り、地上界でそれを実現するには、神の2つの恩寵・・霊的恩寵と物的恩寵の両方を全人類が平等公平に浴せるようにすることだと理解します。

そう、平和とは霊的恩寵と物的恩寵に全人類が平等公平に浴せることをいうのであり、それを“平和な世界”というのです


しかし私も真理に出会うまでは物質主義と利己主義の風潮にさらされ、人に対し不平等・不公平な思いを持っていました。

その原因は地位や名声、学歴や経済力に価値があると思っていたからですが、真理に出会い18年経った今、ようやく誰に対しても平等公平な思いを持てるようになりました。

それにより私は今、前世や前々世より価値ある地上人生を送っていると自負できますが、それも霊的真理に出会い死後の世界を確信したからです。


人間は死後の世界を確信して初めて幸せな価値ある地上人生を送れるのであり、これを“魂の救い”というのです。


それゆえ、これからも魂を救われた者として、死後の世界があることを一人でも多くの人に知っていただけるよう精いっぱい真理普及に努めてまいります!!

|http://kss.vis.ne.jp/b/index.php?e=739|
霊訓|摂理について|04:43 AM|comments (x)|trackback (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://kss.vis.ne.jp/b/tb.php/739

▲PageTop

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2019年10月 次月>>

NewEntries

Categories

Archives

Profile

Link

LogIn

ゲストモード

ID:
Pass:

Admin

ID:
Pass:

Other

Powered By

Copyright © KANTOU Silver Birch Society All Rights Reserved.